東京スター銀行



メインバンクに関して質問です。 けっこう有名な経済評論家(名前は伏せます)の...

メインバンクに関して質問です。

けっこう有名な経済評論家(名前は伏せます)の先生が、
一人暮しでお金のあまりない女の子も
給料の振り込まれる口座をメインバンクにして、
そこから生活に関するすべてのものを自動引き落としにして
少しずつで良いから定期預金をしていけば、将来、住宅ローンを借りる時にトクする、と言っていました。

なんとなく、そうなのかな〜と思い、
東京三菱銀行で給料、電気、水道、ガス、NTT、携帯、クレジットカード、家賃、自動積み立てなどなどほとんどすべてのものをまとめて7年くらい経ちました。
(勤務先が倒産した事もありましたが)
住宅ローンうんぬん、という話は本当でしょうか。
このまま結婚して家を買うまで東京三菱だけで良いのかと、ふと思ったので。
他は郵便局しか通帳を持っていないのです。



信用力だけを考えるなら
ひとつの銀行で、実績を付けるのは正解ですが
それを銀行さんがどの程度評価してくれるかは
全く未知数ですね。

資産運用の面から見ると、東京三菱、みずほ、
三井住友、UFJにはろくな商品はないのに
手数料だけは馬鹿ばか高い(外貨預金、為替レート、投資の販売手数料など)のでお勧め出来ません。

東京スター銀行、新生銀行、ソニーバンクの新興勢力の方が、良い提案をしてくれると思います。

だから、定期預金とかは他の銀行の方が
いいと思います。

決済用には、ATMの数が多くて支店数の多い
メガバンクが便利かも知れません。

それと
女性で独身だったら、家なんか買わない方がいいですよ。人生長いですから、いつ結婚するかわからないし。
賃貸の方がいいですね。そして60歳になったら住宅を現金で買って下さい。



ちゃんと、引き落としが滞りなく行われている→信用力アップ要因(低いか低くないかどうかの程度。けして優遇というレベルではない)
定期預金→頭金の準備。ローン金利が少なくてすむ。

ただそれだけ。

むしろ倒産っていつしました?
最近だと、今の勤務先は短期間ということになってしまいますが、これはマイナス要因です。


銀行とは、晴れた日に雨傘を貸す商売です。お金のない人に、お金を貸してはくれません。
さて、公共料金の引落しと給与振込をしていると、口座にお金がある状態になるので、銀行から信用を得やすいということになるでしょう。
どのくらい借りることが出来るかは、その人の年収と将来も安定した収入が見込めるかどうかで、決まると思います。あと、担保をどうするかです。


基本的に何処で口座の引き落としをしても、余り関係ない。要は、将来に渡り有利になる可能性があるだけで、確実なものではない。何故か?そのような確実的用件が担保されていれば皆さん一箇所に引き落としをし、銀行が淘汰され、強い銀行だけが生き残る状態です。貴方に言いたいことは、考えないで今後どういう状況であろうとも、自分の考えに基づき対処する姿勢を養うこと。先のことまで銀行は見てくれませんよ。時代の流れがある。住宅ローンなどの時は、その時に色々思考する方が、息苦しくないです。信じて裏切られる方が一番キツイよ! 元信用金庫 男より


なんとなくですけど、住宅財形のことをいっているような気がします。
財形制度はご存知でしょうか?
一般財形だけでなく、住宅財形や年金財形というものもありますが、現在一番金利が安い住宅ローンは住宅財形といわれています。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

あと、メインバンクに取引を集中するのはかまわないのですが、
万一のために郵便局なり地方銀行なり、サブバンクを作って1〜3ヶ月分の生活費ていどは預けておくことをお勧めします。


得なことは無いですよ。
そもそも、審査などでぎりぎりで通るようでは損得とは無関係に個人が大変ですからね。
自然体で問題ない状態であることがむしろ重要です。

ただ、東京三菱はメガバンクの中ではコンビニATM/IYバンクATMなどアクセスしやすいのでそのまんまでいいとは思います。
(ステージ3以上にしてあればの話ですけど)

大手の証券会社2社で口座二つ作れば、東京三菱(即時入金)→証券→郵貯、およびその逆でお金を無料移動できますし、結婚して家買うまでの体制としては十分でしょ。
え?株やらない?
いやいや、口座作って入出金サービス利用するだけですって。

7年経過というと、年齢的に相手の男側はもう少し銀行数多いかもしれませんけどね。私と同じくらいですし。

結婚後に家の購入をローンかキャッシュ一発かにもよりますけど、後者の私はペイオフ対策程度はしますから2行よりは多いですよ?

全く関係ない。
むしろ給与の履歴が取られてしまいマイナス要因の露呈の危険性も。借りるときにいくらその銀行に預金があるか、又給与口座を集めるのもいつでも口座のロック且つカードローンを自動注入させローン延滞させず破産させずの最高のリスク回避手段をとっています。これまでどうより借りるときにどうなのかが基準ですよ。銀行はできるだけ回収リスクが低ければいいのです。1000万借りるのに1000万口座にある、無しではまったく違うという事です。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。