東京スター銀行が手数料タダのATMを設置



東京スター銀行が手数料タダのATMを設置すると、なぜ三菱東京UFJ銀行に損失...

東京スター銀行が手数料タダのATMを設置すると、なぜ三菱東京UFJ銀行に損失(コスト増)が発生するのですか?

>東京スター銀の手数料タダATMに大手行反発強まる
三菱東京UFJ銀行など大手行の間で、利用者が現金を引き出す際に手数料を払わなくてすむ現金自動預払機(ATM)を運営している東京スター銀行(東京)との契約を解除する動きが出てきた。
利用者手数料を取らないATMが人気を集めれば、大手行側が東京スター銀に支払う手数料が増え、コスト増につながるとの懸念が強まったためで・・・(中略)
東京スター銀は無料ATMについて「顧客の便利さを重視した」と説明。だが大手行などから見れば、自分の銀行のATMを利用してもらえば不要な銀行間手数料を負担する必要があり「他行からの手数料に頼ってATMを運営するのは筋違い」と反発を強めている。


東京スター銀行のATMで三菱東京UFJ銀行のカードが利用されると、東京スター銀行は三菱東京UFJ銀行から手数料がもらえます。この手数料が問題になっているわけです。
三菱東京UFJ銀行にとっては、自分の銀行にあるATMを使ってもらえば、東京スター銀行に手数料を払う必要はありません。

しかし、利用者手数料が無料だと、東京スター銀行のATMを使っても、利用者は損をしませんので、気軽に東京スター銀行のATMを使ってしまいます。
預金者が気軽に東京スター銀行のATMを使えると、三菱東京UFJ銀行から東京スター銀行への銀行間手数料の支払いが増えるので不満なのです。
逆に、東京スター銀行のATMで利用者料金がかかれば、東京スター銀行のATMを使う人が減って、三菱東京UFJ銀行から東京スター銀行への支払いが減ります。そういう状態を望んでいるのでしょう。

どこの銀行のカードでも利用者手数料が無料のATMを設置した場合に、どこの銀行のカードが多く利用されるかを考えると、カードが多く出回っている銀行のカードということになります。
このようなATMを小さな銀行が設置した場合、自分の銀行のカード利用は少しで、大部分は他の銀行のカード利用になります。そして、他の銀行からいっぱい手数料を受け取れることになります。
大銀行がこのようなATMを設置すると、自分の銀行のカードを利用する人の割合が高いので、小さな銀行の場合より、他の銀行から受け取れる手数料は少なくなります。そのために大銀行が反発を強めています。


三菱東京UFJ銀行側の理屈が良く分かりました。ありがとうございます。
日本社会の中で挑戦者が潰されるかたちが、ここにもあるのですね

費用は誰かが【負担】しているのです。

あなたが、無料でも・・・


銀行間手数料が発生するからです。
A銀行の口座を持つ人がA銀行以外の銀行のATMを使用するとA銀行はATMを所有している銀行に手数料を支払わなくてはなりません。
利用者はできる限り低料金で利用したいと考えているので東京スターに客が流れ三菱東京は多くの銀行間手数料を支払わなければならなくなったので怒っているのでしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。