ローンスター (Lone Star)



ローンスター (Lone Star) は、アメリカの投資会社。1990年代のテキサス州ダラスで設立された。1997年より日本に進出している。




グループ企業


東京スター銀行
アエル (貸金業者)


ローンスター問題
ローンスター問題とは、ローンスターが経営建て直しを行った韓国外換銀行の売却を巡る、韓国での一連の事件。

2003年、アジア通貨危機により破綻寸前となっていた韓国外換銀行をローンスターが買収。その後、リストラ等の経営建て直しにより、黒字化を達成した。 2006年、ローンスターが経営状態が改善した同銀行を売却し利益を回収しようとしたところ、ローンスターに対し外換銀行を不当な低価格で買収した容疑、脱税、ならびに外貨密搬入の容疑で検察による家宅捜索が行われた[1]。

ローンスターや欧米の投資家はこれを不当な捜査だと受け取っており、この事件により韓国から投資資金が流出したと言われている [2]。また、この事件により「韓国でしか起こりえないような予想外の出来事」を指す「OINK」という用語が誕生したとされる[3]。



日本法人
日本法人は、「ローンスター・ジャパン・アクイジッションズ・LLC」という名称で存在する。同法人の元会長には、大蔵官僚出身だった現西日本シティ銀行頭取の久保田勇夫がいた。



関連項目
投資ファンド


脚注
^ 「検察、ローンスターに宣戦布告」、朝鮮日報、2006年3月31日。
^ 「米英の資金が脱韓国ラッシュ…原因はローンスター問題?」、朝鮮日報、2006年10月1日。
^ 「【財界NOW】韓国だけの出来事「OINK」」、Seoul Japan Club、2006年9月1日。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。