株式会社東京相和銀行(とうきょうそうわぎんこう)



株式会社東京相和銀行(とうきょうそうわぎんこう)は、かつて存在した第二地方銀行である。





沿革
1949年(昭和24年):東京興産株式会社、東京殖産株式会社、平和勧業株式会社設立。
1950年(昭和25年):東京興産株式会社、東京殖産株式会社、平和勧業株式会社3社の業務継承のため東京協和殖産無尽株式会社設立。
1951年(昭和26年):1月、東京殖産無尽株式会社と商号変更。10月、株式会社東京相互銀行と商号変更。
1953年(昭和28年):東都医師信用組合設立。
1956年(昭和31年):東京慈光信用組合設立。
1961年(昭和36年):東京慈光信用組合、東京貯蓄信用組合と改称。
1970年(昭和45年):東京貯蓄信用組合を合併。
1974年(昭和49年):東都医師信用組合を合併。
1989年(平成元年):金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号)に基づく認可により普通銀行に転換し、株式会社東京相和銀行と商号変更。
1999年(平成11年):金融再生委員会により、金融整理管財人による業務および財産の管理を命ずる処分を受ける。(事実上の破綻)
2001年(平成13年):アメリカの投資ファンド会社ローンスターが設立した、株式会社東京スター銀行に営業譲渡。
2004年(平成16年):長田庄一被告は、東京高裁への控訴を取り下げ、懲役3年・執行猶予5年の一審判決が確定。


第二地銀のトップバンク
実質的創業者の長田庄一(1922年7月2日山梨県高根町生)が、敗戦直後の混乱に乗じて得た資金を元手に無尽会社を設立したのが前身。1950年2月、平和勧業、東京殖産、東京興産の三つの無尽会社が合同して東京協和殖産無尽株式会社として設立され、翌1951年10月、相銀法の制定・施行と共に東京相互銀行となる。
この時長田は常務であったが、「日掛け50円で手軽に金融」等のキャンペーンで営業成績を拡大、1969年5月には反対派を放逐して社長に就任し、1975年には会長になるも引き続き権力を維持していた。また、長田は銀行業務だけでなく、多数の系列企業を設置し、その利益を銀行本体に還流させる仕組みを作り上げ、邦銀初のATM24時間稼働など名経営者として注目された。
1989年2月、普通銀行への転換により東京相和銀行となり、「東の東京相和、西の兵庫銀行」と呼ばれ、資金量などを巡って第二地方銀行トップの座を競った。


中央政財界との繋がり
長田の出身地山梨県は、かつて東武鉄道の根津嘉一郎、若尾銀行・東京電灯の若尾逸平、山一證券の小池国三など、財界において俗に甲州財閥と呼ばれる一派を形成しており、長田もこうした地縁を最大限に利用した。また、池田勇人元首相ら政治家の知遇を得て、中央政界や大蔵省などにも強い繋がりを持ったことで業容が拡大した。
旧三井銀行と親密な関係にあったことから、度々合併が噂され、その合意寸前までいったこともある。しかし、長田自身が要求したポストは「新・三井銀行代表取締役会長」職であったため、三井側が難色を示しご破算になった(その後、三井銀行は太陽神戸銀行と合併し、さくら銀行となる)。


東京・銀座や赤坂の飲食店のメーンバンク
長田は手記で、「銀行が、経済界で大きな顔をしていることが間違い。私たちは実業の手伝いをするわき役」と述べていたが、実態は、長田一族のファミリー企業や、その交友関係のある不動産・ノンバンクへの不透明な融資に傾斜し、「東京・銀座や赤坂の飲食店のメーンバンク」と言われた。
また、淡島ホテル、長泉山荘、東京湾トロットクルーズといった長田一族の関連企業の利用を顧客や行員に強要するなど、公私混同も目立っていた。


バブル崩壊から経営破綻へ
バブル経済が崩壊すると、東京相和銀行も経営不安がささやかれるようになり、1997年より2年の計3回、総額950億円に及ぶ増資を行った。しかしその3割は、取引のある消費者金融業者に増資分を経由させて、関連会社3社に迂回融資したものであり、架空増資であった。
1998年に入り長田と個人的なつながりがあった三井埠頭、ヤオハン等が相次いで破綻。その後の金融監督庁の金融検査の結果、1998年9月期で1189億円もの債務超過が公表された。株価下落に加え、経営不安から2000億円近い預金流出が止まらず、増資手段も力尽きていた。
1999年6月12日、金融再生委員会が東京相和銀行に金融整理管財人による業務及び財産の管理を命じ破綻認定した。時同じくして国民銀行、幸福銀行といった、オーナー色の強い第二地方銀行が相次いで破綻しており、「ワンマン経営の結果、不良債権が積み上がる」マイナス面を印象づけた。2000年5月11日警視庁・東京地検は経営破綻した東京相和銀行の不正増資疑惑で前会長長田庄一ら旧経営陣6人を逮捕。
2000年6月27日、米国のアジア・リカバリー・ファンドが中心となって今後組成される(仮称)「日本さわやかパートナーズ社」が創設する銀行持株会社傘下の新設銀行子会社の一つに同行の営業譲渡を行う基本合意書が締結された。翌2001年(平成13)6月11日 - アメリカの投資ファンド会社ローンスターが設立した、株式会社東京スター銀行に営業譲渡した。
なお、東京相和銀行の破綻処理には金銭贈与や債権買い取りで約8000億円の公的資金が使われている。


余談
会長の長田は個人的にフランスに人脈をもち、レジョンドヌール勲章を受章、シラク現大統領と親密だと喧伝していた。東京相和銀行破綻後の、2002年、フランス諜報機関対外治安総局(DGSE)が、長田との関係を調べる動きを見せていたと報道されたことがある(ちなみにDGSEは国防大臣の指揮下にある。当時は第3次コアビタシオンによる社会党内閣で、ジョスパン首相は、その年の大統領選挙におけるシラクの対立候補であった)。
また、2006年5月には、シラクが同行に口座を所有し、謎の「文化財団」から定期的に巨額の振込みを受け、預金残高が3億フラン(約65億円)に達していたとする情報当局者の証言が報道された(これに関して、シラク側近筋は「大統領は東京相和銀行に口座を持ったことはない」と直ちに報道を否定した。前回同様、次期大統領選挙候補をめぐる、ドビルパン首相とサルコジ内相との政争に絡む証言との見方もある)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。