銀行などの場合には

貴社と御社の違いは何ですか?

貴社と御社の違いは何ですか?

一般的には、手紙や履歴書の志望動機の欄など、文書では貴社と書きます。
銀行などの場合には、貴行となります(信用金庫の場合「貴庫」「貴金庫」、)。
面接など口頭では御社となります。
銀行の場合は御行となります(信用金庫の場合「御社」「御金庫」)。
これは、日本語には同音異義語が多く、「貴社」「貴行」と口頭で言った場合、「帰社、記者」「貴公、機構」など誤解を招く場合があるからだと言われています。
(文脈を考えれば実際にはあまりありえませんが)
あいまいな表現は失礼に当たるとされ、「おん○○」という誤解を受けない表現を使います。
この他には、「組合」「協会」なども貴・御の使い分けをします。
だからと言って、大学を「御学」という必要はないと思います。
これは、御学という全く別の意味の単語があるからです。
また、委員会を「御委員会」とはまず言いませんし、「御役所」というと慇懃な表現になりますので、お勧めしません。

口頭では「御社」、書面では「貴社」と就職活動の時に学びました。

住宅購入を考え住宅ローンを組もうと考えています。ですが、まだ情報不足というか...

住宅購入を考え住宅ローンを組もうと考えています。
ですが、まだ情報不足というか詳しく知らない状態なので
どこの銀行がいいのか、どこも同じなのか
どのような手順を踏めばよいかさえわかりません。

アドバイスがありましたらお願い致します。

給与振込の機関なら、金利優遇があるかと思います。
給与と返済とを同一口座にすれば入出金も楽で、収入がある限り返済が遅れる心配もありません。
また定期預金や投信など取引があれば更に優遇されます。

もっと広く探したければ、ヤフーのトップページの「ファイナンス」をクリックして下さい。
「ローンセンター」の「ローン情報」で、様々な情報を得られます。
絞込み検索を活用し、「店頭金利」をクリックすれば金利の安い順に表示できます。

また、住宅ローンについて簡単に説明している本も沢山出ています。
金利情勢に関連するので、本は新しい方が良いです。
千円もしないので、1冊購入して、ローンについて体系だった知識をしっかりつけて下さい。

・繰上手数料が無料
・金利が安い
・窓口が近い
を全て満たす機関が最良と思います。

銀行はどこも同じではありません。
研究・勉強しだいで大きく違ってきます。
自分のライフプランにとって
どういう金利タイプがいいのか、
返済に無理なく返済できる金額は、
借入れ期間はどれ位がいいか等々。
一番楽なのは不動産屋の担当がプロ中のプロで
あなたの状況をヒアリングし相談しながら
あなたにぴったりの金融機関を選んでくれればいいのですが・・
あまり期待しない方がいいでしょう。
まずはホームページ等での比較
(優遇金利の比較や繰上げ返済手数料、諸費用の比較)をし、
気になるところがあれば
店舗に足を運んで相談してみると良いでしょう。
たまに土日に住宅ローン相談会など
行っているところもあるので
気軽に行ってみるのもいいと思います。
住宅購入前にきちんと知ろうという
心構えは非常に素晴らしいと思います。
購入してからでは十分には学んで比較してる時間はありませんから。
しっかり比較して自分にあったローンを
組めるよう頑張ってください。

給料を振り込んでもらうのはどこの銀行口座がいいか?

給料を振り込んでもらうのはどこの銀行口座がいいか?

給料を振り込んでもらうには、三菱東京、みずほ、三井住友の三択の場合、どこがいいと思いますか(時間外手数料などのことを考えて)?ちなみに、都内在住で都内の会社に勤めます。勤務時間は大体9時〜17時位。土日休みです。

三井住友銀行が良いと思います。
3月12日から取り扱いされるSMBCファーストパックに入ると
ONE'S PLUSの三井住友本支店、コンビニATM時間外手数料無料やONE'S ダイレクトの本支店宛振込手数料無料など使える銀行になります。

イーバンク銀行はどうでしょう?

インターネット銀行なので通帳は無く、キャッシュカードのみになります。

ちなみに預金の引出しは郵便局やコンビニのATMで24時間可能です!

会社と自宅の間で寄れる銀行があることが、第一前提でしょう。
都内で都内であれば、昼休み時間でもATMいけるでしょうし。
三菱東京であれば、コンビニ
三井住友であれば、郵便局(もうすこしで)のATM遣えるので
この辺でしょうか。

これが、転勤もあるなら、転勤した場所で強い銀行無い銀行あるので
郵便局が使えるようになる三井住友がいいのかな??

教えて下さい。連帯保証人というのは、どこまで責任能力を問われるのでしょうか?....

教えて下さい。連帯保証人というのは、どこまで責任能力を問われるのでしょうか?保証人になった本人の資産、家族の資産まで責任は及ぶのでしょうか?保証人にも種類があるのでしょうか?

連帯保証人は債務者本人と全く同等の責任が有ります。
債権者は債権(金銭)をどちらに請求しても良い事になっています。(民法上)
ですから、債務者に支払能力が無くなれば保証人が全額支払わなければなりません。
当然、保証人に資産(土地、建物など)が有れば差押の対象になります。
しかし、保証人の家族には何の責任も義務も有りませんので、家族の資産まで及ぶ事は有りません。
返済後、連帯保証人には債務者本人に対する損害賠償請求権は有ります。。

元銀行員です。

連帯保証人には、よっぽどの事(自分で全額支払ってもいいよっていう覚悟がある場合)が無ければなってはいけません。

なぜなら、連帯保証人には全ての責任を負わされるからです。金銭の貸し借りなども、借主本人ではなく最初から連帯保証人に請求が可能で、連帯保証人はそれを断ることもできないのです。

保証債務を履行しない場合は、強制執行されて個人資産を差押えされたり処分されますよ。

保証債務は家族にまでは及びません。

保証人の種類

@保証人
分別の利益、催告の抗弁権があります。

A連帯保証人
分別の利益、催告の抗弁権はありません。

分別の利益とは、保証人が数人いる場合、その割で保証債務を履行すればよいこと

催告の抗弁権とは、保証履行に際してはまず主債務者に債務履行を請求せよと抗弁することが出来る権利

連帯保証人=債務者です。契約の当事者に請求せず連帯保証人に請求でき、支払の義務が有ります。本人の資産までが限度で家族は関係ありません。

簡単にいうと、連帯保証人は、債務者(お金を借りた人)とまったく同じだけの責任を持つということ。
従ってお金を借りるとき連帯保証人になり
債務者がトンズラしたり払わなくなった場合は
連帯保証人が払わなければ成らないのです。

それ以外の保証人はただの「保証人」で、これは契約書に記載されていることにのみ責任を負うということです。

連帯保証人は債務者本人と同様に債務を負います。
つまり、債務者本人が逃亡しようがしまいが、債権者は連帯保証人にたいして請求することができます。
「あいつが借りたんだからあいつから取れ」と抗弁することができないんです。

ただの保証人ならば、「まず本人に請求しろよ」と抗弁することができます。

家族の資産は無関係です。保証人はあくまでも本人だけの問題です。

銀行口座の当座と普通の違いってなんですか?

銀行口座の当座と普通の違いってなんですか?

当座は、小切手振出用の口座で金利が付きません。

認め印、銀行印、実印の3種類の大きな違いって何ですか?

認め印、銀行印、実印の3種類の大きな違いって何ですか?

実印
本人の証明として扱われる物で印鑑登録を必要とし社会・法律上,とても重要な印鑑

銀行印
金融関係に登録する印鑑
定期や預金の出し入れに使用する
安全性のために実印や認印とは区別して使用していることが多い

認印
家庭や職場などで最も頻繁に使用される印鑑
何気なく使っている認印も思わぬところで法律的効果を伴うこともあるので注意が必要

大きな違いは「呼び方」です。

3つとも同じものでも良いのですよ。

彫りの細かさとお値段と大きさが違う。

認め印 ちょっとした認めで使う。

銀行印 銀行通帳に使う。

実印 印鑑登録して使う。

三つとも同じでもいいですが、悪用されることがありますので、分けた方がいいでしょう。特に、実印は滅多に使わないようにしましょう。

実印は役所に登録した印鑑、銀行印は銀行の口座開設時に登録した印鑑、認印はどこにも登録していない印鑑でも可。
実印を銀行に登録すれば実印であるとともに銀行印になるし、この印鑑を普通に使えば認印としても機能します。
でも「シャチハタ」は登録できないので、認印にしかならない。(場合によってはそれすらも拒否されるが)

実印 … 役所で印鑑登録した印鑑。
認印 … 実印以外の印鑑。
銀行印 … 認印の内、銀行で通帳を作ったときに使った印鑑。

新聞広告などでの紹介文では多少違った意味で使われているようです。

実印 … 印鑑登録しても恥ずかしくない見栄えの印鑑。
銀行印 … 銀行印として使うとかっこいいような気がする印鑑。
認印 … それ以外の普段使い用の印鑑。

といった感じでしょうか。

実印は、役所の市民課で、印鑑登録したもの。
銀行印は、銀行の口座開設時に届出たもの。
認め印は、普段のサイン代わりに使っているもの。

それぞれの目的別に作る人も居ますが、
シャチハタのような物でなく、偽造され難いものであれば、
全部同じ印鑑で済ませる人もいます。

認印を持って銀行に行き通帳を作れば、銀行印になりますし役所に行って実印に登録すれば実印になります。
つまり、1本の印鑑を認め印・銀行印・実印として使えるんですよ。
一般的には防犯の為に作り分けしている方が多いです!

何で銀行はお金を扱っているのに、金行ではなく銀行なんですか?

何で銀行はお金を扱っているのに、金行ではなく銀行なんですか?
銀行という名前の由来は、明治5(1872)年制定の「国立銀行条例」の元となった
アメリカの国立銀行法(National Bank Act)の「Bank」を「銀行」と翻訳した事に始まります。
Bankをどう訳すかについては、高名な学者達がかなり長い協議を重ねたそうで、
その結果、お金を扱う店・・・という意味から、
金もしくは銀と、店という意味の中国語「行」を」組み合わせ「金行」または「銀行」が良いだろうという事になったそうです。
最終的に金行ではなく、銀行になった理由は、ただ単に語呂が良かったからだと言われています。
ちなみに日本で最初に銀行が開業したのは明治6年の第一国立銀行(旧第一勧業銀行、現在のみずほ銀行)です。

銀行という言葉の由来は、明治5年の国立銀行条例に、銀行という言葉を使ったことによります。
当時は「金」「銀」を扱うということと、お店を表す中国語の「行」を使用して、「金行」または「銀行」の候補がありましたが、語呂により「銀行」になったそうです。

『金行』にするという案もあったのですが、
命名当時の貨幣制度が銀本位であったことや、
「きんこう」よりも「ぎんこう」の方が発音しやすかったため『銀行』が採用されました。

その前に、中国語、韓国語で銀行を何と書くかについて調べて見ましょう。

中国語では、「銀行」です。
韓国語では、「unhaeng」です。
(韓国でも、漢字で書けば、銀行と書きます。)

おそらく、昔、中国で銀の取引をしていたのが「銀行」であるからかもしれません。
銀の取引については、高校世界史の教科書でも主要な話題になっていると思います。

口座番号を間違えて送金した場合どうしたらいいですか?

口座番号を間違えて送金した場合どうしたらいいですか?

口座番号と口座名義人が一致しないと振り込みは正しく行われません。
銀行のATMなどはその場でエラーになりますが、この質問をしている所から察するに
インターネットでの手続きでしょうか?
おそらく、番号か名義を間違えて手続きしたのかと思いますが
その場合、翌日にはエラーとなって振込み金額は元の口座に戻ってきます。
ただし、振り込み手数料は戻ってこないと思います。
金融機関によって多少違いがあるかと思いますので、参考程度にして下さい。

本件はネット振込と思われますが、
ご利用の銀行サイトのヘルプ・Q&Aを
確認してみて下さい。

大概は『口座番号と名義人の相違』で、
振込手続きが完遂されずに返金されます。
特に手続きは無いはずです。

データは振込先銀行に渡っていますので、
ご利用銀行に戻り・返金になるには、
翌日か2−3日は掛かるでしょう。
入力ミスですから手数料は戻りません。

ほとんどの銀行は上記のようですが、
念のため、ご利用銀行サイトで確認を。

地銀でもコンビニATM手数料無料のところが増えると聞いたのですが、どこの地銀が無...

地銀でもコンビニATM手数料無料のところが増えると聞いたのですが、どこの地銀が無料になるのですか?

こんな報道がありますね・・・・。

「全国の地方銀行の間でコンビニATMの利用手数料を無料にする動きが広がってきた。
平日昼間の手数料を無料にした地銀は20行を超えた。」

「残念ながら、細かいリストというモノは、出てきません」が、20行という数字は、過半数
に近いモノです。 当地名古屋だと、大垣共立系が運営するサークルKとサンクスのゼロ
バンクは、平日昼間と、土曜日の午前は、すべての手数料が無料です・・・・。

火災保険の事で質問です。2年前に住宅を新築し、住宅ローンを組んだ際に火災保険...

火災保険の事で質問です。
2年前に住宅を新築し、住宅ローンを組んだ際に火災保険も加入しないといけないようなので加入しました。
引き渡しと同時期に別の火災保険(家財と火災)にも加入していますが、これってもしかしてムダなのでしょうか?

ローンの祭に加入する火災保険って、消失した際に火災保険でローンを返済するために加入したので、自分でも加入しないといけないと思って加入しています。
家財だけの保険でよかったのでしょうか???

住宅ローンで火災保険をかける場合、その火災保険には質権が設定され、保険金の請求権が銀行に移ります。そのため火災で家屋が焼失してしまった場合、ローンの残債と相殺される可能性があります。で、ローンは無くなったけど、家も無くなった、ということでは困るので自分でも建物に火災保険をかけなきゃいけないのでしょうか?ということですかね

まず家財の保険は建物の火災保険とは別になりますので、かけておく必要があると思います。建物だけ燃えて、家財が燃え残るということはありえません

次に自分で建物の火災保険金を受け取りたい場合ですが非常に難しいです。というのも、火災保険というのは建物の価値以上に保険をかけていても、建物の価値以上には保険金は支払われません。仮に建物の価値が2000万円、銀行で2000万円火災保険に入り、自分でも2000万円掛けたとしても、全焼の場合で銀行の火災保険1000万円、自分の火災保険1000万円しか支払われません
結局今年の更新で見直し・・・と思いましたが、保険屋さんの話しもよくわからず・・・。
もう少し調べてまた来年に臨みます!

住宅ローンの時に加入するのは建物です。
家財はそれとは別にかけるもので、質権設定の対象外です。
無駄ではありません。

火災保険の保険金額の決め方は今と同じ建物を建てたらいくらかかるか?で決まります。例えば、建築費に2,000万円かかる建物があって貯金が1,000万円あるから不足の1,000万円は銀行から借りよう!となった時に銀行でかける火災保険は借金した1,000万円分。残りの1,000万円はどこかの保険会社でかけなくてはなりません。銀行の方は貸した分だけしか保険に加入していないのです。建築費全額を借金したのであれば、更に建物自体に火災保険をかけるのはムダかと思います。加入しすぎかどうかは保険担当者なり世話になってる代理店等にに聞いてみたほうがいいと思います。

損害保険は時価額補償が原則です。したがって建物に時価額以上の保障をつけてもムダになります。
ローンの建物の保険金額 個人的に加入した建物の保険金額を合算してはるかに超えるようであればその分減額すべきです。
評価は保険屋さんに相談して下さい。
家財は問題ないとは思いますが・・?

肝心のことが記載されてませんね。

@建築費

A住宅ローンの際の 保険金額(契約額)

B引渡しの際の別の 保険金額(契約額)

AとBの合計が@以内であれば、無駄ではありません。

でも、ヘタな掛け方ですね。

@とAを同額にするのが良かった。

銀行は保険金の全額を回収するわけではなく罹災時の残債のみだし、1契約にすることで『価格協定特約』が可能となるから。。

家財はローンとは関係なし。

又、他の回答の中に誤解があります。

罹災時の保険金は、損害額と保険金額(契約額)との関係で決まるのであり、その人がいくらローンがあるかということなど保険会社には全く関係のないどうでもいいことです。

借り入れ額と保険金額との間に相関関係は有りません!

建築費(時価)と関係するのです!

借り入れが1000万だから、保険金額(契約額)も1000万考えるのは、ど素人です。

補償の対象は『建物』であり、『ローン』に保険を掛けるわけではないでしょ。

会社の合併や買収などで会社がなくなってしまうケースがあると思うのですが、その....

会社の合併や買収などで会社がなくなってしまうケースがあると思うのですが、その際なくなってしまう会社の株を所持していた場合、その株券の価値はなくなってしまうのでしょうか?

倒産してなければ価値が無くなる事はないです。
合併または買収する側の会社の株に替わります。

僕はUFJ銀行とミノルタを持ってた時に、三菱UFJとコニカミノルタにそれぞれが合併・買収され、新会社の株に替わりました。
合併前にUFJとミノルタから合併と株式が替わる旨のハガキが来ました。

ほふり(証券保管振替機構)に預けてあるなら株主の方で何か手続きするとかも全く不必要です。

なるほど!面白い。
証券保管振替機構というのもはじめて知りました。ありがとうございます。

買収される場合はその買収元企業の株券と、合併して新会社の場合はその新会社の株と、一定の割合にて交換されます。(当時の株価を鑑み、その交換比率はケースバイケースです。対等で交換のときもあれば、そうでないときもあります)
例えばセブンイレブンの株を持ってた人は、持ち株会社への移行に伴い、全てセブンアンドアイホールディングスの株へと交換されます。

国債に興味があるんですが、どうすれば買うことができますか?利率はいいんでしょ...

国債に興味があるんですが、どうすれば買うことができますか?
利率はいいんでしょうか?リスクはありますか?

お答えします。
>どうすれば買うことができますか?
郵便局・証券会社・銀行で所定の手続きをすれば買えます。
個人向け国債ならば1万円からですが、1、4、7、10月のみ発行で
前の月から受け付けますが人気があるのですぐ売り切れるようです。
それ以外には、5万円単位の利付債(2年もの〜)が一般的です。
>利率はいいんでしょうか?
まあ、銀行預金よりは利率がいいですね。
10年もので1.5%ぐらい、5年もので0.8%ぐらいです。
個人向け国債なら10年もので0.7%ぐらい。5年もので0.8%ぐらいでしょうか。
>リスクはありますか?
もちろんあります。ただし発行体の倒産リスクは少ないです。
また一般的な社債や株式、外貨預金よりは安全と言えます。
個人向け国債は元本での買い取り請求ができるので
価格変動リスクはないと言えますが、一定期間拘束されるので
その分流動性には欠けます。

銀行に行けば買えます。
利率は全然良くありません。
リスクはありません。

投資としては不向きです。
貯金代わりにお考えください。

郵便局か、証券会社の方が、口座管理料が無くて・・・

1%前後から、以下をどのように見ているかで・・・

投信の短期売買で数十%の運用益を遊びでやっている私から見れば・・・:(;一_一)

私の状況は、税金・手数料・値下がった時の対応ができていますからその状況になれば誰にでも。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。